平成30年度入試について

(2017年6月21日 更新)

平成30年度入学者選抜について

募集定員

     普通科  男女280名

前期選抜について


 A 学科別の募集割合等
   普通科 定員の30%以内(84名以内)

 B 出願できる条件
 ≪普通科≫
 大学進学などの明確な進路目標を持ち、その実現に向けて努力を続け、高校入学後も学習や部活動、生徒会活動に真剣に取り組む気力に溢れる生徒で、次の1又は2のいずれかの条件を満たしていること。

 1 中学1~3年生の全教科の評定平均値が4.0以上の生徒【調査書】
 2 中学1~3年生の全教科の評定平均値が3.8以上【調査書】で、次の(1)・(2)の条件のうち1つ以上満たしている生徒
(1)中学校の部活動または校外のスポーツ・文化活動において、3年間継続して活動に取り組んでいることを自己アピールできる者
(2)英検・漢検・数学検定のいずれかにおいて3級以上の資格を取得した者【添付書類又は調査書】
 ◆ 1・2の学習成績、2の(2)については、「資格確認の対象とする条件」である

 C 学力検査
   国語、数学、英語 各100点

 D 学校独自検査
   作文(配点75点)
   「題」を提示した自由作文 50分

 「出願できる条件」を確認する出願書類として「志願理由書」があります。
 こちらをクリックして印刷してください。(別画面に表示します)
 記入例はこちらをクリックしてください。(別画面に表示します)

後期選抜について


 A 学科別募集人数
    普通科  196名(予定)

 B 面接・実技の有無
    なし

 C 傾斜配点の有無
    なし

 D 調査書点と学力検査点の比重
    4:6

宮城県高校教育課 平成30年度入試関係へのリンク

 こちらをクリックしてください。(別画面に表示します)


前期選抜学校独自検査問題について

 平成29年度名取北高等学校前期選抜学校独自検査問題は、次のとおりです。
平成29年度宮城県名取北高等学校
前期選抜学校独自検査問題について

1 選抜方法   作文

2 出題のねらい
与えられた「題」の意図を理解し,自分の考えを明確に表現することができるかを問う。

3 平成29年度作文題  「心に響く言葉」
あなたにとって「心に響く言葉」とはどのようなものですか。これまでの経験、これからの生活に触れて、480字以上600字以内で書きなさい。



 平成28年度名取北高等学校前期選抜学校独自検査問題は、次のとおりです。
平成28年度宮城県名取北高等学校
前期選抜学校独自検査問題について

1 選抜方法   作文

2 出題のねらい
与えられた「題」の意図を理解し,自分の考えを明確に表現することができるかを問う。

3 平成28年度作文題  「失敗から学んだこと」
「失敗から学んだこと」について、あなたの経験を踏まえて480字以上600字以内で書きなさい。



 平成27年度名取北高等学校前期選抜学校独自検査問題は、次のとおりです。
平成27年度宮城県名取北高等学校
前期選抜学校独自検査問題について

1 選抜方法   作文

2 出題のねらい
与えられた「題」の意図を理解し、自分の考えを明確に表現することができるかを問う。

3 平成27年度作文題  「贈りもの」
あなたにとって、「贈りもの」とはどのようなものですか。これまでの経験を踏まえて480字以上600字以下で書きなさい。



 平成26年度名取北高等学校前期選抜学校独自検査問題は、次のとおりです。
平成26年度宮城県名取北高等学校

前期選抜学校独自検査問題について



1 選抜方法    作文



2 出題のねらい  次の3点を見ることをねらいとした。

・志望の動機が明確か

・自己を冷静に分析できているか

・充実した中学校生活を送ってきたか



3 平成26年度作文題  「掃除(そうじ)」



4 時間、字数等    50分、480字~600字